企業案内 技術・設備 製品 品質管理 採用情報 お問い合わせ
HOME
生産ラインの品質管理プロセス
当社は、品質向上を目指し、生産ラインを常時監視し、問題点の早期発見と修復を繰り返す品質管理プロセスを構築し、品質保証の実績を上げている。

まず受注活動において顧客の要請する品質の確認からスタート。
次いで生産ラインに移行する準備過程で、問題点を解析し早期発見により即修復を繰り返す。
生産ラインでは、日常の生産活動における検証は不可欠である。
これらのプロセスにおける問題点は全て受注活動にフィードバックし、受注の円滑化に寄与している。これらのプロセスの中で最優先のポイントは、”早期発見”に尽きる。

さて私どもは、「社会に貢献する価値ある会社」を目指す。そのためにも、全社員が”技術を楽しめる環境”の会社づくりを目標に努力を傾注いでいく。
さらに、品質保証体制の充実を図るため、年間を通じ20±1℃を保つ高水準の空調室に2μmが測定可能な3次元測定器を導入し、プレス部品並びに金型部品の加工精度をレベルアップした。

▲3次元測定器
HOME | 会社案内 | 技術・設備 | 製品 | 品質管理 | | 採用情報  |


Copyright(c)2007  HIDAGIKEN INC. All rights reserved.